勃起不全は病気の1つ?

シリコンボールと食事の改善で勃起不全を治す

勃起不全の原因に心因性も含まれています。心因性の勃起不全に悩んでいる男性は自分一人で様々な努力をいますが、性行為に対して必要以上に緊張感を抱いてしまい、失敗に終わることが多いです。それによって次も失敗するのではないかと不安や劣等感に苛まれるため、勃起不全の改善が困難になります。そこで、自信を持たせるためにシリコンボールを挿入する手術を受けると悩みが解決することがあります。シリコンボール挿入術は、男性器にシリコンボールを挿入して凹凸を作ったり、太くしたりする手術です。形状や大きさ、挿入個数を自由に選ぶことができ、一般的によりシリコンボールの数が多い方が、パートナーに満足感を与えることができます。シリコンボールを入れると平常時でも男性器が大きくなるので、日頃から自信が付き心因性の勃起不全に良い影響を与えます。次に、食事を見直すと血流が改善されるので、海綿体に血液が集まりやすく勃起を促します。まず亜鉛を積極的に食事に取り入れます。亜鉛は性ホルモンの働きを正常に戻す作用があり、精子の量が増えます。牡蠣やうなぎ、チーズなどに多く含まれていますが、動物性脂肪の摂り過ぎは肥満の原因となるので注意します。肥満は血流を悪化させるため、生活習慣病の人は勃起不全になりやすいです。食事では肉類やバターの食べ過ぎを抑えて、野菜を多く食べると良いです。またコレステロールはメタボを引き起こしますが、性的能力の向上に必要なので、全く摂取しないのは好ましくありません栄養バランスを考慮して、肉の割合を減らして魚にするなど見直します。またビタミンBを摂取すると、アルコールの代謝が活発になるので、飲酒後の性行為に失敗しません。